読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新々リストラなう日記 たぬきち最後の日々

初めてお読みの方は、<a href="http://tanu-ki.hatenablog.com/entry/20100329/1269871659">リストラなう・その1</a>からご覧になるとよいかも。

MBT体験をしてしまうと

 通販してリザーブの靴ができたのでほぼ毎日MBTを履いている。靴は1日履いたら1〜2日休ませなければ早く傷むので、1足しか持ってないときはあまり履けなかったのだ。
 毎日履いて、ある日は社内から出なかったり、ある日は営業でたくさん歩いたり、イベントで立ちっぱなしだったりするとMBTのいろんな履き味を味わえる。社内だけで履いてると夕方には疲れてしまう。不安定な靴なので立ったり座ったりが多くなると僕は疲れてしまうようだ。空腹と疲労でめまいがするよ。
 反対に、出かけると歩くのが楽しい。身体的にも楽だ。動いているとこの靴は疲れない。昨日は久しぶりに外回りをしたのだが、担当エリアをふだんの2倍か3倍くらいの密度で歩き回ってしまった。効率が悪い、とも言うが。


 MBTに慣れて気に入ってしまうと、履き物に関する考え方がガラッと変わる。それまで僕は履き物の世界にはいろんなものがあると思っていた。レドウィングのクレープソールは膝に優しかったし、ダナーのゴアテックスアッパーとビブラムソールの組み合わせは絶妙だ。運転するようになってニューバランスを履いたがこれも素晴らしい。ぐっと保守的にリーガルの良さもわかるようになった。
 けど、MBTを知ってしまうと、もはや「履き物とは、MBTとそれ以外」の2種類になってしまうのだ。


 MBTを履き続けたいので2足目3足目を買わねばならない、となる。靴が好きな人は絶対に同じ靴を履き続けないからね。それでローテーションを組んでしまうと、もうMBT以外は履く意味がなくなる。
 MBTを履いて歩いている間は腰痛の心配がない。こうして部屋でPCをいじってるとやっぱり腰が辛かったりするが、MBTだと立ち続けていても腰は楽だ。腰痛からの解放も、MBTの強い依存性の元になっている。
 また、MBTを履くようになって僕は眠りが深くなった。ぐっすり眠っている。疲れているからか?


 これだけ鮮烈な体験をさせてくれるMBT、単なる靴の範疇を超えた商品力がある。高額な対面販売だけでも十分に話題になり、売り上げを上げているゆえんだろう。
 実はいま、もう1足通販で取り寄せている。国内34700円とかで売ってるモデルが150ドルだったから。エバニューは好きだけど、あまりに販売価格が高いうえ安売りをさせないので、ちょっと抵抗運動だ。ていうかすべての元凶は日本国の靴関税なので、本当は密輸したいくらいだ。