読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新々リストラなう日記 たぬきち最後の日々

初めてお読みの方は、<a href="http://tanu-ki.hatenablog.com/entry/20100329/1269871659">リストラなう・その1</a>からご覧になるとよいかも。

中村祐介さん『ユーマネー』トークイベント@講談社に出させてもらいました

 昨日は講談社にて中村祐介さん『ユーマネー Free<タダ>でお金と自分を成長させる方法』の刊行記念イベント。畏れ多くもまた喋り手として壇上にあがりました。
 
 場所は、夕暮れの音羽通りを見下ろす、講談社ビル26階のホール。日没時は富士山がシルエットになって見えていた(こういう肝心なものの美しさは写真には写せない)。


■中村さんは、エントリ「リストラなう!その30 たぬきちを取材しに来た人」にご登場いただいたウェブマーケティングコンサルタントの方。元日経BP社、現株式会社エヌプラス代表取締役。拙ブログにご登場いただいた直後、前職の知り合いの方々からけっこう連絡があったそうな。面白いもんですね。


■もうお一方、ゲストがいらっしゃいました。愛妻家・大田正文さん(ブログはこちら→http://aisaikamasa.blog91.fc2.com/)。「愛妻家」「超・愛妻家」をみずからの肩書きにするという、失礼を承知で感想を言わせてもらうと第2印象は“ちょっとヒク”方でした。めちゃくちゃちゃんとした人で第1印象はとても良いのだけど、いただいた名刺に奥さんの写真が刷ってあって、それ見ると「なんじゃこれ」とヒクわけです。
 しかし話されることは明るく、具体的で、自分に刺激を与えようと思っている方が聴くととても役に立つ、たぬきちなんかとは比べものにならないポテンシャルの方でした。


■『ユーマネー』は、自分をソーシャル化させる具体的なノウハウを集積させた本です。「知識」「注目」「評価」「お金」を集めるという4章構成になっており、いずれも理屈だけではなく、著者の実践例やユニークな先行例を収録していてたいへん具体的です。巻末の「成功者ファイル」にたぬきちが載っていることを除くと、たいへん優れた実践の書です。たぬきちの部分は「注目を集めるのに成功したけど、後はどうなんだ」という例としてお読みいただくと良いかと。
 トークでもたぬきちはもっぱら「ユーマネー、その暗黒面を教えます」とゆーポジションで語らせていただきました。僕が書いたものは、人の役に立つ、自分を成長させる、というものではないからね。そして先日の村崎百郎さん死傷事件はやはり大きな衝撃だった。僕はこのニュースを知り合いからSMSで「お前も刺されんように気をつけれ」と言われて知ったのだが、世間からは暴露男と認知されている手前、まったく他人事じゃないのだ。
 しかし、基本、ネットでの自分の評判というのは、中村さん大田さんのような超前向きなスタンスでかまわないのだと思う。いちばん大切なのは「ウソは言わない」ということで、この一点が担保されていればそう心配することにはならないんじゃないかと。もちろん、ユーマネーというのは心の小さな一部を受け渡しするようなものだから、溜まったユーマネーの重さに受け取る方の心が折れそうになる、というのはまた別の話ね。これは僕だけかな。


■一昨日の阿佐ヶ谷ロフトAとはまったく志向の違うイベントで、喋る側からこんなこと言ってなんですが、たいへん面白く、刺激になりました。自分はやはり甘い、真剣さもハングリーさもお二人には遠く及ばない、と落ち込んだりしましたが、それでもなんだか元気になるから不思議です。
 最後に、お二人の著作を貼っておきます。