読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新々リストラなう日記 たぬきち最後の日々

初めてお読みの方は、<a href="http://tanu-ki.hatenablog.com/entry/20100329/1269871659">リストラなう・その1</a>からご覧になるとよいかも。

機動戦士ガンダムDVD-BOXにハマり中

 こないだHMVで30%引きで売ってたので衝動買いしてしまった。これ↓
 
 1979年に放映されたものに何も足さず、何も引かず、忠実にDVD化したものらしいです。ゆえに、序盤をちょっとすぎると作画がメタメタになります。時間・予算・人手、すべてが逼迫したなかで作られていたんでしょう。
 物語はもうみなさんご存じのことと思います。僕は最初の放映当時は見てなかったのですが翌年の再放送からハマりました。高校1年だったかな。うすらぼんやりとした記憶ですが、第16話「セイラ出撃」の再放送から見始めたような気がする。ここ、覚えてるもん。きれいな(「かわいい」じゃなくて「きれいな」ですね)女性キャラが主人公ロボットを操縦しているのに、未熟なため敵に討ち取られる、というストーリーがめちゃめちゃ斬新に感じられた。よくわからないまま翌日以降見続け、第20話「死闘!ホワイト・ベース」の壮絶なストーリーにノックアウトされました。


 けれど、翌年に公開された劇場版は見に行きませんでした。「伝説巨神イデオン」の劇場版は見に行ったのにねー。なぜだろう。講談社から刊行されたフィルムコミックは買って読んだな。序盤を見てなかったから。
 今こうして改めてテレビ放映版を見てみると、作画はメタメタで、劇場版の正確な円で描かれるモノアイとかもテレビ版では歪みまくっている。戦闘シーンも止め画が多いし。うがって見ると、ホワイト・ベースの面々が補給もなく人的にも逼迫してそれでも戦い続けるのは、描く側の心的風景が濃厚に投影されている、とも言えるんじゃないでしょうか。
 そして驚くのは、ガンダムに関する自分の記憶は、ほとんどが劇場版三部作が元になっていることだ。テレビ版の記憶はほとんど抜け落ちている。だから改めてテレビ版を見ると異様に新鮮だ。劇場版は作画は良くなっているけれど筋運びはダイジェストの域を出ないから乱暴だ。もっとていねいにドラマを作ればいいのに、と歯がゆくなることがあった。しかしテレビ版はきちんと時間をかけて物語を進めているから、感心するほど物語が鮮やかだ。30年前の作品だからその間変化した感覚のせいで多少まだるっこしく感じるところはあるけれど、基本、骨太のストーリーは素晴らしい。
 僕がとくに好きなのは、やはりランバ・ラル関連の数話、そしてカイが中心になる女スパイ・ミハルの数話だ。ランバ・ラルはかっこいいでしょう。こんなかっこいいオッサンを描いてたんだから30年前のガンダムはエライ。しかも偉いさんじゃなくて前線の小部隊の指揮官。現場の人。「ゲリラ屋の本分だ」なんて台詞、しびれましたね。これ見て育った男子のおそらく半数以上が「俺も将来はずっと現場の人間でいよう」と思ったことでしょう。もう一人魅力的なキャラがシニカルなカイ・シデン。彼は人間的に弱く、飾り気がなく、権威に逆らう若者らしさを持っている。天才肌のくせに世渡りもうまいアムロとは正反対だ。アムロの非人間的なところは見てて閉口するが、カイの温かい人柄は見る者をホッとさせる。その彼が、ちょっと大人の恋をした挿話がベルファストを舞台とした第26〜28話だ。これ大好きだ。カイの人間的な魅力が爆発している。しかも、実はカイはアムロに次ぐ実力派、立派なエースパイロットであって、ホワイト・ベースの危機にはなくてはならない人材なのだ。人間的な魅力があるうえ必要とされているって、よく考えるとできすぎなキャラじゃないですか?


 そんなこんなで、毎日少しずつDVDを見ているんだよ。1枚に4話入ってるんだけど、主題歌とエンディングを飛ばせば1話20分くらいかな。けど、意外に濃密なストーリーなので1日4話か6話くらいが限度かな。
 続きも買ったんだよ。

 肝心のDVDの品質ですが、たいへん素晴らしい。フィルムをスキャンしたらしいので原盤フィルムに由来する傷ノイズとかはあるけれど、許容範囲だ。ていうかこれ以上を望むと人工的な加工が必要になるだろう。そんなことしなくても色は鮮やかだし、音声もクリアかつスムースで文句のつけようがない。ただパッケージは過剰だ。デジパックのジャケットは厚いので保存しにくい。箱も別に必要じゃないし。たしかに前半が連邦軍の、後半がジオン軍の印象の箱ってリッチですけど、やっぱり箱は箱にすぎないし。あと前半についてくるフィギュア、全然うれしくないですね。邪魔だし。ブックレットは良いです。うれしかった。
 まあ劇場版がいくつもバージョンがあったり、それらを再発したり値段変えたりして何度も買いたくなるけど、ほんとはテレビ版が一揃いあれば他には何もいらないと思う。作画メタメタってとこも含めてガンダムは素晴らしいです。
 書きたいことがいっぱいあるけど、気ばかりあせってちゃんと書けないんだよ。リアルタイム世代だからしかたないんだよ。ごめんよ。